ベストな水素水生成器

人体の「自然治癒力」と水素の関係

人体の「自然治癒力」と水素の関係

 

従来、科学や医学の世界で注目されている研究というものは、たとえばあ
る病気に対する治療法であるとか、それに付随して治療薬等医薬品の研究開発
であることがほとんどです。
人体が持っている力、壊れた細胞を治そうとする力や、外部から体内に侵入し
た異物に対する抵抗力といった、「自然治癒力」に対する研究はほとんどされ
ていませんでした。ただ、自然治癒力の研究とは異なりますが、東洋医学やイ
ンドのアーユダヴェーダといったところでは「自然治癒力を最大限引き出す健
康法」がおこなわれていました。

 

近年になって、「活性酸素の存在とそれが人体に悪影響を及ぼす」という定説
が広く認知され、その潮流から人体そのものについてのメカニズム研究が加速
度的に進み始めたのです。

 

人体の持つ「自然治癒力」についても、生体内で起こる原子レベルの生化学反
応?あるいは電気反応として、元素や電子の働きに着目した研究がおこなわれ
るようになってきました。

 

自然治癒力に関する研究には「水素」や「電子」の働きについての考察も含ま
れていて、そういう中で水素原子やアルカリ水素イオンによって「活性酸が除
去できる」ことも解かってきました。活性酸素の除去はイコール「人体の自然
治癒力を高める」ことになるのです。

 

活性酸素については、1956年のアメリカでネブラスカ大学のハーマン博士によ
って最初の論文が発表されました。
「生体内に入った酸素がフリーラジカル反応を起こして細胞膜や生体膜を破壊
する。それによってDNAが傷ついて、血管障害や癌、脳梗塞、老化の原因に
なる」

 

ハーマン博士の「フリーラジカルセオリー」以降、医学や生理学の分野での研
究が進み、活性酸素の正体がより鮮明になってきました。今では「活性酸素は
老化の進行やいろいろな病気の発症プロセスに深くかかわっていること」は
「定説」になっています。

 

活性酸素が人体の自然治癒力にはどういう影響を及ぼすのか、視点を変えてみ
てみましょう。

 

体内細胞の酸化は細胞の力を弱め、それは生体が持つ自然治癒力をも弱めるこ
とにつながります。自然治癒力の低下は様々な病気にかかりやすい体を作り、
また細胞の老化を進めることにもなるのです。