ベストな水素水生成器

水素は血液にも有効です!

水素は血液にも有効です!

 

「原子状水素」または「マイナス水素イオン」を生体内に補給したなら、生化
学的に電子を補給して体内のイオンバランスを整えることになります。
それは体をめぐる血液の環境にも大きな影響を与えることにもなります。

 

血液が人体の健康や長寿にとって、重要な物であることは誰もが知っている事
です。体全体に栄養を運び供給する、細胞内の老廃物を排除する、身体に侵入
するバクテリア、病原菌、ウィルスから体を守る、そんな重要な働きを担って
いるのが「血液」です。

 

 

 

もし仮に、血液がバランスを崩したら、体はどうなるでしょうか?

 

 

途端に各諸器菅が本来の機能を果たさなくなり、体調不良を引き起こすでしょ
う。病気や老化といった諸症状がそれです。

 

 

 

人をはじめとする動物の血液は「コロイド状粒子」で構成されていることが解
かっています。コロイド粒子というものはイオン溶液の中に存在していて、赤
血球の周りは負電荷で覆われているのです。そのためにコロイド粒子同士は反
発して凝集することがありません。
負電荷が何らかの理由により減少すると、粒子同士の反発力は弱まり、凝集し
たり、ゲル化し始めるのです。
よく言うところの「ドロドロ血液」ですね。

 

 

 

血液が負電荷を減少するときとは、どんな場合なのでしょうか?

 

過度のストレスを受けて体内のイオンバランスが崩れた時、ホルモンバランス
が崩れた時、などでしょうか?

 

 

過剰に生じた正電荷によって、負電荷と結合したときに「負電荷が減少」する
のです。

 

 

正電荷が過剰に生じるのは、体内の活性酸素が活発になった時です。
栄養の取りすぎから体内イオンのバランスが崩れた時、加齢でホルモンバラン
スが崩れた時、化学物質などの毒素に触れた時、電磁波などの影響で物理的な
ストレスを与えられた時、体内の酸化が進んで正電荷が過剰になるのです。

 

 

 

ドロドロ状態の血液は、体内隅々まで栄養を運ぶことも毒素を取り除くことも
できません。そしてその状態が慢性化したなら徐々にからだのダメージが進み、
やがては病となって表れることでしょう。

 

血液のドロドロをサラサラ状態にするためには、酸化した状態から還元しなけ
ればなりません。そのための強力な還元剤として「水素」があるのです。