ベストな水素水生成器

水素の力というよりも「自然治癒力」?

水素の力というよりも「自然治癒力」?

 

「奇跡の水」がなぜ体に良い働きをもたらすのか?
そのメカニズムは、今だに解明されていないところも多いのですが、この水も
活性水素を多く含んだ「還元水」であるといえます。
実はこの還元水を使った「臨床研究」は、かなり以前から行われています。
実際「病が改善した」というような臨床結果の報告も数多くあるのです。

 

協和病院院長の河村先生は、医療現場で還元水を20年以上にわたって使って
いて「還元水臨床治療の先駆者」とも言われています。河村先生が言う「還元
水の効能・効果」は次のような内容です。

 

 

人には生まれながらに「治癒力」が備わっていて、それが正常に働いていたな
らどんな症状も自然に治っていく。「還元水」は人が本来持っている治癒力を高
めることをする。その結果、病気のもとが断たれ、治癒力の妨げ要因も取り除
かれる。

 

 

水素が病その物を治すのではなく、活性水素によって高められた自然治癒能力
が働くことで「病が治癒する」というのです。

 

 

化学界では、「還元水はその中に含まれる原子状水素やマイナス水素イオンなど
の活性水素によってその力を発揮するのか?」「高濃度に溶け込んだ水素分子に
よって強い還元力を持つのか?」が論点です。単一の化学現象を実験室レベル
で研究しただけでは、まだまだ解明するに充分ではないのでしょう。

 

「真理の解明」よりも、臨床の現場で実際に還元水を使ってみる医学界の方法
は、一理ありますね。

 

1992年に還元水を治療に用いてきた協和病院で「糖尿病患者の壊疽が治癒した」
再生治療例が紹介されました。2008年に今医学界で旬である「再生医療を用い
た治療例」として、京都府立医科大学付属病院環境器科の松原教授が「細胞レ
ベルでの移植で糖尿病の壊疽が治療できる」としていますが、遡る事15年前
から還元水治療例が存在したのです。

 

「壊疽した組織の再生」は、組織内の毛細血管が再生されて隅まで血液がとど
くことで、細胞の新陳代謝がよみがえり可能になります。ここでの還元水の働
きとは、血液や細胞レベルの蘇生力を高める助力であり、自然治癒力を高める
体内環境を整えることです。